月にかわって・・・ 突きぃぃ~~っ!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
PG ダブルオーガンダム GNドライヴ
2009-11-16 Mon 01:35


これ(GNドライヴ)だけ単品売りしてくれ!

光るっ! 回るっ! に弱い世代。


スポンサーサイト
別窓 | 機動戦士ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0
新しいスーツ V2 (ROBOT魂)
2009-11-03 Tue 18:22
ROBOT魂の V2 アサルトバスターガンダム って キャストオフできないのかなぁ~~ と思っていたんですが、なんとキャストオフできるではないですかぁ~ ノンスケールが気になるけど、これは買いかな。

・・・何気にROBOT魂はまだ1つも買ったことないんですが(汗)
別窓 | 機動戦士ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0
STAND UP TO THE VICTORY ♪
2009-10-09 Fri 01:40
MG VICTORY GUNDAM ついにキターー

ユニコーン、シナンジュ、Vガンと毎年年末恒例のVer.Ka 祭 の様相になってきましたね。

V2は来年末かな?


HGUCギラ・ズール HGUCリゼル 発売  早っ!

ユニコーン スゲっ!

別窓 | 機動戦士ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0
シャア専用ドム
2009-10-08 Thu 00:39
カップヌードルオマケ


ドム 目玉(モノアイ)入れました。
100均ショップのネイルアート用です。

接着に大苦戦した~ なんせとにかく小さい!


091008_0021~01

HGUCのリックドムと比較。 

小ちゃっ!


次は、1/380 RX-78-3 G3 GUNDAMでもやる予定です~


3倍辛いカップヌードル発売決定~
3ヶ買い(保存用/自宅用/会社用)するかな。  ←バカ。
 




別窓 | 機動戦士ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0
新番組 「小公女セイラ」
2009-10-03 Sat 22:16
♪私の胸の片隅に咲いてる 小さな花に名前は無いけど
哀しい時は赤い花びら一枚、目頭に当てるの すると涙が消えてゆく~♪ 

幼少の頃に父が死去し、兄と共に引き取られ養女となり、アルテイシアからセイラに名を改め、素性を隠しながら地球で過ごすこととなる。その後、兄が旅立ったと同時に、自らは移住していった。父の死に際しては、幼少で未だよく事情を理解できなかったことに加え、早々に逃げ出した兄とは違い、健やかに優しく成長した経緯もあって、「復讐」といった負の感情は全く持ち合わせていなかった。

避難民の収容に手を貸そうともせず自分勝手な言動しかしないカイをいきなり平手打ちし、「軟弱者!」と叱責し、潜入していた男には毅然と拳銃を突き付けるが、マスクを外した彼の素顔に生き別れの兄キャスバルの面影を見出し、動揺する。この際、シャアもまた相手が妹アルテイシアであることを悟っており、以後ホワイトベースへの攻撃時にその面影を思い浮かべては、「あの優しいアルテイシアが連邦軍の軍艦に乗っているはずがない」と弁解めいた独白をする場面が度々見られた。

ホワイトベースでは、ブライトから「さん」付けで呼ばれた唯一の乗員。元は医者の卵であったことから、人手不足の中、医療スタッフの補助や通信士(オペレーター)の役を任される。特に後者については、臨時担当であるにもかかわらずパイロットのプライドをくすぐって一気にモチベーションを高める巧みな面を見せており、第23話ではカイから「おだてのセイラさん」などと揶揄されていた。また、ミライとは年齢や立場が近いことから、しばしば行動を共にしている。

第16話では、兄と思われるシャアの動向を知りたい一心でガンダムに勝手に乗り、ジオン兵と接触しようと目論む。しかし、戦闘経験の無いセイラはノーマルスーツを着用していなかったために加速Gの凄さで嘔吐した上、敵モビルスーツに翻弄されて危うくガンダムを捕獲されそうになってしまう失態を演じ、独房入りとなった。なお、アムロ以外で戦闘においてガンダムを操縦したのは、セイラだけである。

第20話では、ランバ・ラル隊がホワイトベースに白兵戦を挑んできた際、第2ブリッジ付近でランバと偶然出会ってしまう。ランバは父の忠臣ジンバ・ラルの息子であり、幼少時によく可愛がってもらった仲だった。お互いに素性を知った2人が気を取られていた隙に、リュウが銃撃。負傷したランバに、セイラは退却するよう叫ぶことしかできなかった。しかし、ランバはセイラの眼前で第2ブリッジから飛び降り、自爆する。思わずセイラは、ジオン・ダイクンの遺児としての重い運命を呪うのだった。

その後、中盤ではパイロットとして第24話からGファイター(劇場版ではコア・ブースター)に搭乗し、戦場へ出撃していくようになる。当初は慣れずにとまどう面もあったが、ガンダム(アムロ)との連係プレーなどで、次々と戦果を上げていく。

ホワイトベースジャブローに寄港した第30話では、潜入工作を行っていたシャアと再会。兄キャスバルが今も復讐に生きていることを察して諭すが、彼はセイラに地球連邦軍を辞めるよう言い残して立ち去る。また、ホワイトベーステキサスコロニー近くに移動した第38話でも、シャアと再会。しかし歩み寄ることはなく、決別が決定的になり、泣き崩れる。その後、シャアからセイラへの手紙を添えた金塊がホワイトベースに回収された際、ブライトに尋ねられた彼女は自らの素性を明かし、ホワイトベースのクルーで分けるようにと金塊を差し出している

最終話(第43話)では、ア・バオア・クー戦にて生身で決闘を繰り広げるアムロシャアを制止に入った際に爆発に巻き込まれるが、シャアに助けられる。その後、キシリア・ザビへの復讐を遂げに向かうシャアと別れ、アムロの誘導を受けてホワイトベースのクルーと共にア・バオア・クーより脱出。生還を果たしたが、これが兄との今生の別れとなった。

セイラも一応、ニュータイプの片鱗を見せてはいたが、最後までアムロのような超絶的な覚醒や高いニュータイプ能力は見られなかった。明確に描写された最初のシーンは第39話と遅く、それもララァ・スンの乗るエルメスのサイコミュに、微かに反応した程度のものである。第41話ではアムロララァの共振を感知するが、ただそれだけに終わっており、兄妹共々ニュータイプ能力では彼らに完全に抜き去られている。最終話ではアムロの声を聞いて脱出に成功しているが、他のクルーもアムロの声を聞いており、セイラだけが特別というわけではない。何より、爆発するア・バオア・クーからコアファイターで脱出するアムロをテレパシー誘導したのはセイラではなく、幼いカツ、レツ、キッカだったことからも、彼女のニュータイプ能力の限界が推察できる。アムロ、ララァ、シャアの三角関係については、ララァを殺したアムロに対して敵意と恨みを剥き出しにするシャアに対し、「それはお互い様」としている。

「古きもののすべてが、悪しきものではないでしょう? オールドタイプニュ-タイプを生む土壌ではなくって?」


・・・って感じの話? 

なら毎週みるけどなぁ~   「軟弱者っ!」(爆死)
新番組 「小公女セイラ」の続きを読む
別窓 | 機動戦士ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0
| すれんだ~’S Blog Mk-Ⅱ | NEXT

LINKS

MUTさんのHP→
にーやんさんのHP→
マキシモさんのHP (R-18指定)→ マキシモ工房(R-18)
機真さんのHP→
銀の重戦車さんの写輪眼。→ 銀の重戦車さんの写輪眼。
花KYO院-れぷ-逸騎さんの楽描庵→ お絵かき掲示板をすごい数、管理されてます。 アニメーター吉田健一さんのHP ←アニメーター吉田健一さんのHP gallo44 ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破  ←ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 sakusaku

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。